sponsored link


二世帯に仕事場もプラスされた間取り図例


パソコン1台あればどこでも仕事が出来る時代、
自宅で仕事をしている人も増えてきました。

しかし、いくら「どこでも仕事ができる」と言っても、
仕事場と生活の場は分けたい!と考える人も多いことでしょう。

二世帯住宅となるとその考えはなおさらかもしれませんね。

20131018.gif

リビングやキッチン、バスルームなど、
家族で共用できる部分は共用しているタイプ、
1階と2階で親世帯と子世帯の生活の場を分けているタイプの二世帯住宅です。

このような仕事環境が取れれば、
自宅での仕事もはかどりそうです。
posted by 二世帯住宅 at 11:01 | 二世帯住宅とは?

二世帯住宅で暮らすポイントは「つかず離れず」


世代の違う親世帯と子世帯が同じ屋根の下で暮らすことは、
一昔前であれば、それこそ「当たり前」という時代もありました。

しかし最近では核家族化が進み、
いざ、同居という話が持ち上がると、家族不和の原因となることも珍しいことではありません。

家族全員が住みやすい二世帯住宅を作ること。
ポイントは「つかず離れず」ではないでしょうか。

201310182.jpg

1つ屋根の下でありながら、玄関を別にし、
まるでお隣同士のような感覚で暮らせるタイプの間取り図例です。

とはいえ、内側からの行き来ができないわけではなく、
中央のホールでつながっているので、
緊急の時などの行き来もスムーズです。
posted by 二世帯住宅 at 11:24 | 二世帯住宅の間取図集

sponsored link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。